version: 2.1.4 

分科会へ

YEG事業データベースへ

エンジェルタッチへ
  
ログイン
会社の登録・更新 会社の一覧 コミュニケーションボード
ホーム >> 話題一覧 >> 発言一覧
発言一覧:山形の美味しいお米【つや姫】

【話題作成者】 須藤 俊一郎(山形県長井YEG)  【話題作成日】 2012-11-24 18:10:04.0
【話題名】 山形の美味しいお米【つや姫】
大人気!山形の新しいお米「つや姫」

日本中の、何よりも「白いごはん」が大好きな人にお届けします!

先人の知恵と四季鮮やかな山形の風土が生んだ、日本の美味しいお米のルーツとなる「亀ノ尾」その美味しさの系譜から、ついに新ブランド米「つや姫」が誕生しました。
際立つ「粒の大きさ」、「白い輝き」、「旨さ」、「香り」、「粘り」は、まさにごはんそのものがご馳走です。味わうほどに至福の喜びに満たされる食感のお米を是非お召し上がりください!

☆「つや姫」 おいしさの秘密
北緯38度。山形県の気候・風土の優位性は、地球温暖化が進む中、くっきりとした四季それぞれの風と陽光。そして何よりも、農家が丹精込めて育て上げた田の上。「つや姫」のおいしさはここから生まれます。
炊き上がった「つや姫」の白い輝きは、ふくいくとした香りとともに一粒一粒が、その存在感を示します。食感もまた「つや姫」らしさがあり、上品な甘み、粘りのなかにさらっとした噛み心地。のどごしが快く、ごはんのおいしさを感じられます。

☆「つや姫」おいしさの系譜
明治時代に山形県庄内町(旧余目町)で阿部亀治氏が育成した水稲品種「亀ノ尾」は、品種改良の交配親として盛んに用いられ、その良食味性が「コシヒカリ」や「はえぬき」に引き継がれました。その「亀ノ尾」をルーツとして、日本で一番美味しいと言われている「コシヒカリ」を凌ぐ良食味のお米として開発されたのがこの「つや姫」です!

☆「つや姫」おいしさの証明
山形県総合研究センター実施の生産力検定試験(2002年〜2009年)の食味に関する試験結果から、青のコシヒカリよりも「つや姫」が「炊飯光沢」・「外観」・「香り」・「味」・「粘り」・「硬さ」の7つの部門すべて勝り、「総合評価」でも、コシヒカリを圧倒的に引き離す高評価を得ています。

☆商品詳細
平成24年産 
山形県産・特別栽培米つや姫・1等米
5s 2,850円(税込)


☆お問合せ先
山形県長井市高野町1-5-14
  山形長井食彩館・須 藤 米 店
  須藤俊一郎
    TEL 0238-88-2370
    FAX 0238-84-7590
    E-mail r122-te71@plum.plala.or.jp


  現在の該当件数:0件  
返答はありません。
  現在の該当件数:0件  

ホーム >> 話題一覧 >> 発言一覧